ペットシッター 資格

MENU

ペットシッターになるには|資格取得を目指す方はご覧下さい

ペットシッターとは?

小型犬を抱える女性

ペットシッターとは、飼い主さんの留守中などに、ペットのご飯や散歩などの世話をする仕事です。

 

ペットホテルとの違いは、お客さんの自宅に出向き、自宅で世話をする点になります。

 

ペット先進国である欧米では既に広く一般化しているサービスであり、ペットブーム真っ只中の日本においても、今後急速に需要が高まる職業としてテレビや雑誌で紹介されるなど、大きな注目を浴びています。

 

ペットシッターになるには?

独立開業する場合

犬と猫の画像

ペットシッターとして独立開業するためには、動物取扱責任者として、各自治体に「動物取扱業」の登録申請を行う必要があります。

 

以下いずれかの要件を満たさなければ、登録申請を行うことはできません。

 

@動物取扱業の実務経験が半年以上ある。

 

A動物取扱業に関わる知識や技術について1年以上教育する学校を卒業している。

 

B客観的な試験により動物取扱業の知識と技術を習得している証明がある。

 

ペットシッターを目指す多くの方が、1番短期間で要件を満たせるBの方法、つまり「認定ペットシッター」「ペットシッター士」「トリマー」「愛犬飼育管理士」などのペット関連資格を取得することで登録申請を行っています。

 

従業員として働く場合

犬とじゃれ合う女性の画像

従業員として働く場合、法的に必要な資格はありません。雇って貰えさえすれば、すぐにペットシッターとして働くことができます。

 

しかし、ペットシッターは、お客さんにとって家族の一員とも言える大切なペットを預かる責任重大な仕事です。

 

全くの未経験者が、突然ペットシッターとして働くのは非常にリスクがあり、その行為は無謀とも言えるでしょう。

 

昨今、預かるペットも犬や猫にとどまらず、鳥・うさぎ・爬虫類・魚など多様化しており、それぞれのペットの特性をよく理解しながらケアにあたらなければいけません。

 

また、万が一ペットが病気や怪我をした場合の看護技術や、必要であればお客さんに適切なアドバイスをする能力も求められます。

 

実際にペットシッターの求人案件を見ても、実務経験(ペットショップや動物病院など)や資格の有無が採用条件としてあげられるケースが大半を占めます。

 

これからペットシッタ−を目指す方は、専門のスクールや通信講座で事前に資格を取得したうえで就職先を探すことをおすすめします。

 

ペットシッター講座を一覧比較

ドッグトレーナー(ブラッシュアップ学び)

ロゴ画像
「ブラッシュアップ学び」は、ペット関連講座の提携数No,1の一括資料請求サイトです。ペットシッターに関連する複数の講座を一目で比較&まとめて資料請求ができるので便利です。送られてくる資料には、講座の詳細や料金といった基本的な情報はもちろん、現場で働くシッタ−のインタビュー、ペットビジネス市場の動向等など…これからシッタ−を目指す方に役立つ情報が豊富に掲載されています。

 

詳細ページボタン

 

ペットシッターの資格を取得するには?

ペットシッターの資格を取得する際、

通学制スクールに通う
通信講座を受講する
独学で勉強する

 

上記3つの方法があります。

 

過去の合格者の割合をみてみると、スクールや通信講座を受講して資格を取得する方が8割以上、残り1割強の方が独学で取得をしています。

 

独学が少ない理由として、ペットシッター資格は難易度は決して高くないものの、試験の受験資格に「養成講座の受講」が義務付けられているケースが大半で、そもそも講座を受講しないと試験を受けられない点があげられます。

 

最近では、通学制のスクール以外にも、自宅で学べる安価な通信講座なども増えていますので、よほどの理由が無い限り講座の受講を検討するのがベターだと言えるでしょう。

 

講座を受講するメリットとは?

犬と猫の画像

講座のメリットには、プロシッタ−から直接指導を受けられる、実技研修が含まれる、学習効率が良いなど、さまざまなメリットがありますが、意外と知られていないのが無償で提供されている「就・転職サポート」「独立支援サポート」です。

 

「就・転職サポート」とは?

就・転職サポートとは、それぞれのスクール(通信講座含む)の専任コンサルタントが、無償で自分の希望に合った職場を斡旋してくれる制度です。

 

これは業界内では周知の事実ですが、一般向けのハローワークや求人サイトに掲載されている求人の多くは、給料が極端に安かったり、職場の人間関係に問題があったり、微妙な案件が多いと言われています。

 

通常、好条件なペット関連の求人は、実績のあるスクールや提携スクールに優先的に回されており、卒業生に個別に紹介されています。

 

この制度は、企業側からみれば採用コストを抑えて優秀な人材を獲得できる、スクール側からみれば豊富な就職実績をウリに生徒を募集できる、受講生からみれば手間を掛けずに好条件の求人にありつける、という3者にとって大きなメリットがある仕組みとも言えます。

 

「独立支援サポート」とは?

独立支援サポートとは、、講座修了後、店舗立ち上げの専門家に無償で相談・指導を受けられる支援制度です。

 

ローコストで開業する方法・効率的な集客方法・立ち上げまでの手続き方法などを具体的に指導して貰うことができるので、資格取得後に自宅開業などを検討中の方にとって大変心強いサポートだと思います。

 

「就・転職サポート」「独立支援サポート」ともに提供しているスクールと、そうではないスクール、サポートの充実度や実績にも優劣がありますので、まずは無料の案内資料を取り寄せ、修了生の就職実績などを事前に調べたうえで申し込むことをおすすめします。

 

資格の種類はどんなものがある?

資格名

認定団体

取得方法

認定ペットシッター ペットシッタースクール 養成講座(通信・通学)を修了後、認定試験に合格することで取得。
ペットシッター士 日本ペットシッター協会 養成講座(通信・通学・カルチャー講習)を修了後、認定試験に合格することで取得。
ドッグシッター 日本ペット技能検定協会 基本は通信講座。希望者に限り、現役シッタ−の指導のもと実技研修の受講も可能。
初級シッタ− 日本伴侶動物協会 通学講座を修了後、認定試験に合格することで取得。
動物看護士 日本キャリア教育技能検定協会 養成講座を修了後、認定課題に合格することで取得。
ドッグトレーナー 日本キャリア教育技能検定協会 養成講座を修了後、認定課題に合格することで取得。
愛犬飼育管理士 ジャパンケネルクラブ 養成講座を修了後、認定試験に合格することで取得。
家庭動物管理士 全国ペット協会 認定試験(マークシート方式・全30問)に合格することで取得。
GCT 優良家庭犬普及協会 年間2回(春・秋)開催される認定試験に合格することで取得。
JAHA認定インストラクター 日本動物病院協会 養成講座を修了後、認定試験に合格することで取得。
公認訓練士 日本警察犬協会 訓練所に入所後、認定試験に合格することで取得。

 

評判の良いおすすめの講座は?

ドッグトレーナー(ブラッシュアップ学び)

ロゴ画像
「ブラッシュアップ学び」は、ペット関連講座の提携数No,1の一括資料請求サイトです。ペットシッターに関連する複数の講座を一覧比較&一括資料請求ができるので便利です。ペットシッター講座は10以上の団体で実施されており、それぞれ取得できる資格・学習形態・料金などが異なります。まずは資料を取り寄せ、それぞれの講座の特徴を確かめたうえで、本当に自分に合った講座を選びましょう。

 

詳細ページボタン

 

失敗しない!講座を選ぶ際にチェックすべきポイント

講座を選ぶ際は、以下5つのポイントをチェックすることをおすすめします。

 

取得できる資格

受講する講座によって取得できる資格が異なります。独立開業を目指す方、企業に就職を希望する方、趣味でスキルを身に付けたい方、それぞれ必要とされる資格も異なります。自分の目的に合った講座を受講しましょう。

 

学習期間・学習料金

学習期間は約3ヶ月〜2年、学習料金は約3万円〜100万円程するものまで講座によってさまざまです。当然ですが、単純に安ければ良いという話ではありません。また通信と通学、どちらを選択するかによっても費用は大きく変わってきます。

 

教材・カリキュラム内容

特に通信講座を受講する場合、教材(テキストやDVDなど)の良し悪しによって、学習効率が大きく変わってきます。申し込む前にスクールの案内資料を取り寄せ、テキストのサンプルやカリキュラム内容をよく確認しておくことをおすすめします。

 

就職実績・提携企業

講座修了後に、受講生がどのような企業に就職したのか、提携企業にはどんな会社があるのか。このような情報は全てスクールの案内資料に掲載されていますので、資格取得後に就業を希望する方はよく確認しておくと良いでしょう。

 

各種サポート体制

「就・転職サポート」「独立支援サポート」「合格保証」「延長保証」「実技研修」等など、講座によって付与されるサポートが異なります。特に「就・転職サポート」「独立支援サポート」「合格保証」の有・無は必ず確認することをおすすめします。

 

講座選びで失敗するケース

原因は事前の調査不足

ドッグシッターの画像

講座を受講しようと決意し申し込んでみたものの、受講後になって「当初抱いていたイメージと違った…」「資格を取得したものの就職先が見つからない…」「講師と相性が合わない…」「途中で挫折してしまった…」等など、講座選びに失敗するケースが非常に増えています。

 

最もよくありがちな失敗理由として、「事前の調査不足」があげられます。ペットシッターの関連講座は、10以上の団体で実施されており、それぞれ取得できる資格も異なります。

 

必ず申し込む前に、比較&調査をしたうえで、自分の目的に合った講座を選ぶことが大切です。

 

効率よく講座を調査する方法

どの講座を受講するか決める際に、いくつもの関連講座を自力で全て一から調べあげ、それぞれの会社に1つずつ問い合わせて資料を請求、さらに、そこから比較&調査をしていく作業は時間と手間がかかり過ぎて決して効率的とは言えません。

 

そんな時に便利なのが、スクール専門「一括資料請求サイト」です。一括資料請求サイトを活用すると、各団体で実施されている講座を一覧で比較、気になる講座の資料をまとめて取り寄せることができるので非常に便利です。

 

実際に利用してみました♪

講座資料の画像

スクールや講座を扱う「一括資料請求サイト」は複数の会社で提供されています。

 

今回は、ペット関連の講座掲載数が最も多い「ブラッシュアップ学び」を利用しました。

 

サイト内で気になる講座を選択し、名前・住所・電話番号など簡単な送付先情報を入力するだけで、まとめて各スクールの案内資料が届きます。

 

もちろん、サービスは全て無料で利用できます。

 

資料請求後に、煩わしい営業電話などが掛かって来ない点も嬉しいです。

 

体験授業や説明会に参加しよう!

届いた資料の中身を確認し、各講座の「カリキュラム」「料金」「取得できる資格」「実績」などの特徴を理解できたら、その中でも気になる講座を2つか3つまで絞りましょう。

 

絞り終えたら、各スクールに問い合わせ、体験授業や無料説明会が開催されている場合は、積極的に参加してみることをおすすめします。

 

体験授業では、紙面やWebでは知り得ない実際の授業風景・講師の雰囲気などが確認できるので、申し込み後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔するリスクを事前に防ぐことができます。

 

講師の中には、現役バリバリで活躍しているシッタ−さんも数多くいるので、この機会にあなたの抱える疑問や不安も全て聞いてみると良いでしょう。

 

ブラッシュアップ学び

ドッグトレーナー(ブラッシュアップ学び)

ロゴ画像
他サービスに比べ、提携スクール数が最も多く、煩わしい営業電話やメールなどが一切ありません。ペットシッター関連の講座を一目で比較&一括請求できるのが便利です。資料には、講座の詳細や料金以外にも、業界動向やインタビュー記事など、ペットシッターに関わる様々な情報が写真やイラスト付きで豊富に掲載されているので、講座を受講しようか検討中の方にもおすすめです。

 

詳細ページボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

ペットシッターという言葉はあまり聞き慣れないかもしれません。最近はペットを一緒に連れて行くことが出来るホテルなども増えてきましたが、その様な環境を嫌うペットたちのお世話を飼い主さんに代わって、ペットたちのお世話を飼い主さんの自宅に訪問して行っている人たちのことを言います。ペットシッターも人間の赤ちゃんのお世話の替わりをするベビーシッター制度と同じ様に元々は欧米で始まったサービスの一つです。人間の赤ちゃんのベビーシッター同様にペットたちも可愛い家族の一員です。当然身元の確かな信頼できるシッターさんたちが必要とされます。ペットシッターも人間のベビーシッターと同様にあまり認知度は高くありませんが、これから伸びてくる市場だと言えます。ペットシッターの資格とは?ペットシッターになるためには、ペットシッター士という資格を取得した人たちが専門機関に登録をして様々なペットシッターさんたちが活動しています。ペットシッター士は日本ペットシッター協会が認定しており、この資格は環境省の定める動物取扱業「保管」「訓練」の登録申請要件を満たしている資格であり、この資格を所持している人たちが全国各地でペットシッターとして活躍しています。ペットシッターになるための講座での履修項目は、犬や猫との接し方から始まりペットの病気、健康管理、小動物などの知識、人畜共通の感染症、ペットの法律、飼育管理、愛犬のしつけなどペットに関しての一連の技能知識が習得出来るようになっています。このペットシッターである認定ペットシッター士の資格を取得すると、ペットシッター士として開業する道も開けます。このようなペットの管理のプロの資格のペットシッター士ですが基本的な動物学から高度なしつけ、ビジネスマナーまでプロのペットシッター士となるために必要なカリキュラムが通信、通学コースで専門的知識豊かな講師たちに、様々な実習から学ぶことが出来る、充実した講座内容となっています。

更新履歴