愛犬飼育管理士

MENU

愛犬飼育管理士とは?

日本で犬の血統証の発行を担っている団体といえば「JKC」という略称で呼ばれる「一般社団法人ジャパンケネルクラブ」です。

 

トリマーやトレーナーの資格や試験では非常に名高く、高い水準を誇ることで知られていますが、「動物の扱いに関する資格」がこの団体からも、独自の資格が発行されていることをご存知の方は意外にも少ないでしょう。

 

「JKC愛犬飼育管理士」資格制度とは?

この資格は、「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づき、JKCが独自で認定をおこなう資格制度です。

 

取得にあたっては、JKCの実施する講習会を受講し、講習会に続いて同日に行う筆記試験に合格することが条件となります。

 

講習会受講費用は5,300円 (テキスト代含む)、資格試験受験料5,300円、資格登録料金3,200円、合計13,800円です。

 

講習会は、大阪、神奈川、仙台等で実施されますが、会場の都合上、申し込み可能人数の制限があるので、受講を希望する場合には、事前に開催日の確認をしておくとよいでしょう。

 

講習会と試験が同日に実施されるので、1日で資格取得が完了するという点は大きなポイントといえるでしょう。

 

資格取得後

この資格を取得することで、ペットシッターとして開業するにあたり、必要な「動物取扱業」の開業許可の申請が可能となります。

 

ペットシッターとして開業するにあたり、広告やチラシはもちろんのこと、名刺などにもこの「動物取扱業取得済み」の記述が法律で定められているので、必ず事前に取得を済ませておきましょう。

 

JKCという団体は、ペット業界ではもちろんのこと、飼い主にとっても血統証発行団体として知名度が高いので、自身の信頼にもつながることでしょう。

 

またJKCでは、年間を通じて様々な犬に関するイベントの開催やセミナーを実施しています。

 

資格取得にあたって、JKCへ入会をする事になるので、これらのイベントにもぜひ積極的に参加をしておくとよいでしょう。

 

時に、災害時のペットの扱いや繁殖、訓練、トリミングといった分野に関しては、ペットシッターとして常に最新の情報を把握し、スキルアップを心掛けておきたいものです。