ペットシッター なる

MENU

どうすればペットシッターになれる?

ペットシッターになるためには

年々その需要が高まっているペット業界からも注目を集めているペット管理の専門家の資格の一つである認定ペットシッター士ですが、ペットシッター士として活躍するためにはそんなに簡単なことではないようです。

 

ペットシッター士になるために受講する講義では、動物とヒトとの関係などを学ぶ動物行動学にペットへのカウンセリング、動物への医療について、ペットのしつけ、ペット関連の法律から法学までを学ぶこととなります。

 

ペットシッター士としての心構えから電話の対応、実際にお預かりする上での注意点などをヒアリングするための飼い主さんとの打ち合わせ事項や犬、猫の生態なども学ぶことになります。中

 

途半端な気持ちではペットシッター士としても活躍することも適わず、実際にペットシッター士と活躍出来たとしても飼い主さんとの折衝、事故等も起きかねません。事前によくペットシッター士としての資質を見極めて、受講してみた方が良いかどうか判断してみた方が良さそうです。

 

ペットシッターというのは、環境省から認可されている動物取扱業「保管」「訓練」の登録申請が可能な資格となっており、このペット管理の専門家の資格も所持している人だけが、ペットシッター士として活躍出来、さらに将来的な展望としましては、個人事業主として活動出来る可能性もあります。

 

専門的に独立した職業として非常に優れた職業の一つと言えるこのペットシッター士です。優れたペットシッター士の資格とは、飼い主さんから信頼感を得ることが出来る、時間を守るなどということは、基本中の基本のことと言えます。

 

それから飼い主さんとの取り決めた内容もきちんと実行出来るペットシッター士が求められます。飼い主さんが留守の時に預かった鍵を閉め忘れたり、思いもかけない様な事故が起きたりもします。その様な事がない様に万全の対策でお世話をしてくれるペットシッター士の存在が不可欠と言えるでしょう。