ペットシッター 独立開業

MENU

ペットシッターとして独立開業するには?

ペット業界で活躍するためには、就職先を探すか、独立開業を目指すかのどちらかの道を選ぶことになるでしょう。

 

自分のショップを持つことが夢である人なら、迷わず開業を選ぶでしょうが、ペットシッターとして開業するためにはどんな手続きや準備が必要なのでしょうか?

 

ペットシッターとして開業するためには

ペットシッターを開業する魅力は、ペットが好きで、ペットと関わる仕事が自宅で行うことができる点にあるのではないでしょうか?

 

実際には、ペットホテルやペットサロンなどと併設してペットシッター業をするのでなければ、店舗は必要ない場合もあるでしょう。

 

ただし、宣伝費用などはそれなりに掛かるかも知れませんし、固定の顧客がつくまでには時間が掛かる場合もあるでしょう。

 

ペットシッターを開業するに当たっては、フランチャイズ加盟店として開業する方法もあるでしょう。

 

そうすれば、顧客を紹介してもらえたり、開業当初から、その知名度によって軌道に乗った経営を行っていくことができるかも知れません。

 

独立開業するために必要なこと

自分で新しくペットシッターのお店を開くか、フランチャイズ加盟店になるかに関わりなく、ペットシッターなどのペットビジネスを行う上で、開業資金の他にも欠かせない手続きというものが存在します。

 

その最たるものが、動物取扱責任者の選任と登録でしょう。動物取扱責任者の選任と登録には、いくつかの条件が存在します。

 

登録する都道府県によっても異なることがありますので、事前に確認が必要ですが、ペットシッターの資格だけでは登録することができないことを覚えておきましょう。

 

ペット業界で半年間以上の実務経験や、動物系専門学校を卒業していることなどの条件がありますが、認定団体が発行しているある特定の資格を取得していること、なども条件に含まれるところがあります。

 

そのため、愛玩動物飼養管理士や愛犬飼育管理士など、持っていると動物取扱責任者の認定を受けることができる資格を取得するよう、努力する必要があるでしょう。

 

その後、無事に各都道府県に登録が済めば、晴れてペットシッターとして独立開業することができると言えます。