ペットシッター 資格 通信

MENU

ペットシッターの資格を取得できる主な通信教育

通学コースと通信コース

民間のペットシッターの養成専門校はたくさんあるようですが、その様な専門校の中の資格の中には動物取扱責任者としての要件を満たしていないものも多いため、「民間のペットシッター資格だけでは、ペットシッターとして開業出来ない」と書かれているスクールもあるそうです。

 

ごく限られているペットシッターとしての専門の養成校である「認定ペットシッター士」の資格は、環境省によってその申請要件を認可されておりペットシッター士としての専門校であるならば、安心して受講することが出来、認定ペットシッター士の資格は合格すれば、ペットシッター士として自宅で開業をしたり、将来的に大きなステップとなります。

 

ペットシッター士を養成するための通信コースでは、犬や猫との接し方や病気、健康管理、小動物の知識、人畜共通の感染症、ペットの法律、飼育管理、愛犬のしつけなどを分かりやすいテキストを自宅で学習して、6か月以内には資格が取得できるコースです。

 

自由で空いている時間で無理なく自分のペースで進めることができるので人気があります。学習内容で分からないところは専任講師が電話やFAX、メールにて丁寧に指導して貰え、初心者の人でも安心して講座に取り組むことができます。

 

実際にスクールに通うことに抵抗がある、仕事をしているので、空いている時間に学びたい、受講料をできるだけ安く抑えたい、急いで資格の取得を考えていない、この様な人たちには、通信コースに適していると言えるでしょう。

 

通信教育では不安という人も多いかもしれないですが、通学コースと同様にペットシッター士としてのプロを養成しています。

 

多くのペットシッターの中には通信コースの講座で資格を取得して、ペットシッターとして活動している人もたくさんいます。通信での添削問題では学んでいる時に、よく理解できない点はきちんと講師に質問をすることによって、ペットシッター士の講座もよく理解できる様になるでしょう。

 

もし疑問点が受講している時にありましたら、分からない事はそのままにしないで、きちんと理解しておく様にしましょう。