ペットシッター 資格 通信教育

MENU

ペットシッターの資格を通信教育で取得するには?

ペットシッター養成の通信教育について

ペットシッターの資格を取得しようと思ったならば、まず最初に何から始めたら良いでしょうか?スクールの情報を調べて資料を取り寄せたり、実際にはスクールに訪問してスクールの説明会に一度は足を運びましょう。

 

説明会では、スクールの先生たちが、ペットシッターとしての役割や具体的な仕事の内容についても話して貰えるでしょう。分からないこと、気になることはどんどんと質問をして受講を始める前に疑問点はきちんと全て解決しておくようにしたいものです。

 

通学コースと通信コースの違いから、具体的な受講内容、まできちんと質問をしてから受講は開始しましょう。

 

短い期間のスクールですが、学ぶことはたくさんあります。一定期間スクールに通って認定試験を受験するタイプの通学コースでは、スクールに通っている間の一定期間は、スクールに集中されることが要求されると思われますが、通信コースでは、マイペースで課題の毎月の提出をきちんとこなせるように、自己管理が求められます。

 

約6か月間という短い間ですが、毎月の受講課題ですが、ペットシッターとしての様々な仕事に従事する上で、欠かせない内容となっています。すぐに忘れてしまわないように、自分なりに工夫をしてテキストなどにもマーカーを引いたり、付箋を付けたりなどして、手元に置いて置いてすぐに分からないところは、確認できるようにしておきましょう。それから次の課題に取り組むことは当たり前のようです。

 

通信教育で学ぶメリット

通信コースのメリットは、本人が好きな時間に時間の空いている時に勉強できるということや費用を安く抑えられるなどのメリットもありますが、実際に実践的な技能を中々身に付けることが難しいなどが挙げられますが、中には受講生の家から近い場所で実技技能研修なども別に実施しているスクールもあります。

 

きちんと実技研修を身に付けて、実際にハンドルを持ったり、犬と一緒に動いたり、ペットの排泄物の処理の仕方も実技研修できちんと習ってから実務に入った方が良いでしょう。テキストで学んだことを実際の実技研修で実践しましょう。