ペットシッター 動物介護士

MENU

ペットシッターと動物介護士との違いとは?

ペットシッター士と動物介護士の資格

ペットシッター士と動物介護士はとても似たような仕事の内容です。資格分類上の名称といえるかもしれません。ペットシッター士としての主な仕事は、ペットを飼っている人たちからの依頼でのペットのお世話です。

 

そのためペットシッター士には動物取扱責任者としての知識、専門的な技能を習得することが第一の目標となります。

 

ペット介護士も動物を取り扱う職業上の資格の一つと言えます。ペットシッター士と同じ様な知識や技能も必要とされていますが、動物取扱責任者としての知識や技能を習得しているという証明できる資格としては認められていないそうです。

 

そのためにペットシッター士と動物介護士と同時に履修してペットシッター士として活動することが普通の様です。

 

ペットの中には老齢犬なども含まれており、ペットシッター士と動物介護士の両方の専門的な講義を履修しているのは普通のことと言えます。

 

動物介護士としての資格

動物介護士はペットの健康管理からペットのしつけ方、グルーミング、トリミングなどが挙げられます。ですが、動物介護士として独立的に求人があるような状況では無いようです。

 

そのためペット全体の管理、お世話の仕事と呼べるペットシッター士としての資格を得ることが、ペットシッター士として活動したい人たちには、一番取得が早いコースと言えるかもしれません。

 

動物介護士の技能は、犬と猫の身体や行動、健康管理、応急処置の方法、しつけ方、グルーミング、といった幅広い知識とペット管理の技能を身に付けるためのものですが、スクールに実際に通うという場合でも、公的な資格と呼べるというものでは無く通信教育で履修するという形になっています。

 

そのため動物介護士の資格は、既にペット業界で働いている人たちの次のステップとしての資格の一つと言える様です。

 

老犬、老猫に関しての老齢期後の生活までをも配慮しての手厚いペットたちへのケアの基本や、ペットたちの老齢期のシャンプー、マッサージ、大型犬に対しての手なずけ方の一つとしてのしつけなどを学ぶコースとなっています。

 

どの様な資格が自分にとって一番相応しいのかをよく見極めて動物に関する資格を受講することが大切です。