ペットシッター 資格 難易度

MENU

ペットシッター資格の難易度はどのくらい?

ペットシッターという職業の知名度はそれ程高く無いのですが、世の中での需要はそれほどには低くないようです。昨今のペットブームで多くのご家庭でペットを飼育するようになり、お子様が独立している家庭の老齢宅で、ペットを飼育されていることが多いようです。

 

そのため高齢化社会を迎えるにあたって、空前のペットブームは当然と言えるでしょう。ご高齢の方のペットなどで、お散歩に連れていくことが出来なくなってしまったり、排泄、エサのお世話などもご高齢宅では大切です。そのような時に、ペットシッターたちが活躍する機会が多いでしょう。

 

さらには子どもたちとの遊び相手としてペットを飼われている人も多いようです。そのようなご家庭では、ペットを一緒に連れて行くことが出来ない旅行などの時、ペットの面倒を見ている人が入院してしまった時などにペットシッターとしての活躍の場が用意されているようです。

 

このような飼い主たちからの家族の一員としてのペットを預かる大切な仕事です。このペットシッターとして活動するには、信頼関係、技能や知識全てが必要となってくるでしょう。

 

合格率はどれくらい?

この認定ペットシッター士の試験ですが、資格の受験資格は、16歳以上となっており、認定ペットシッター養成講座を終了後に認定試験に合格することによって取得できるのですが、合格率は98%程度になっています。

 

通学コースの場合には、スクールで、通信コースの場合は、自宅で受けることになっています。今まで学んだことをきちんと理解していれば、合格はほぼ間違いないでしょう。

 

ペットシッターの仕事は、特に資格がなくても出来る仕事ですが、平成18年6月1日から「動物の愛護及び管理に関する法律一部を改正する法律」というものがあり、その法律に基づいていつも様々な問題をペットシッターとしての技能も習得していない人たちに依頼をして生じていたペットシッターという仕事は登録制の職業となったのです。

 

ペットシッターとしての技能講習が必要であると判断をしたからです。ペットシッター講座をきちんと履修した上でペットシッターとして活躍しましょう。