家庭動物管理士

MENU

家庭動物管理士とは?

ペットシッターとして、独立開業するには、各自治体へ動物取扱業の届け出が必要です。

 

届け出に当たっては、実務経験もしくは指定されている資格を取得しているかのいずれかの要件を満たす必要があります。

 

その資格要件の一つが「家庭動物管理士」資格です。

 

取得にあたって

「家庭動物管理士」資格は、一般社団法人全国ペット協会が独自に認定する資格制度です。

 

資格取得にあたって、下記要件のいずれかを満たしている必要があります。

 

@飼養動物に関する学校その他の教育機関を卒業した者及び卒業見込みの者

 

Aペット動物などに関する資格を有している者

 

Bペット動物販売店等で働いている者又は働くことを希望している者

 

ペット関連での業務経験や学校を卒業していなくても、ペット関連の業務に就きたいと考えている方でしたら受験できます。

 

これからペットシッターとして開業を希望している場合には、上記いずれかには必ず該当することでしょう。

 

ペットシッターの仕事は、個人で独立開業している場合が多く、なかなか独立前に就職をし、実務経験を積むことは難しいでしょうから、指定要件とされているこの資格を取得し、個人で独立開業するという方法がベストともいえるでしょう。

 

費用はどれくらいかかる?

家庭動物管理士資格取得にあたっての費用は、講習会(希望者のみ)20,000円となっており、講習会は試験当日に実施されます。

 

出題範囲に関する詳細はテキストに記載されておりますが、テキストは講習会参加者へのみの販売となり、受験料10,000円と登録料10,000円
の合計20,000円となります。

 

万が一、不合格になってしまった場合には、再受験制度があり、次回もしくは翌年度に実施される試験を13,000円にて受験することが可能です。

 

再受験費用には、事前の講習会費用、テキスト代、受験料が含まれています。

 

また取得後の2年ごとの資格更新があり、更新費用は10000円です。

 

ただし、全国ペット協会会員企業でお勤めの方は、受講料が5,000円になる助成制度をご利用いただけます。

 

資格取得にあたって、勤務先へ協会への加盟を確認してみてもいいでしょう。