初級シッタ−

MENU

初級シッタ−とは? -日本伴侶動物協会認定

ペットシッターに関する資格は各団体の独自の制度による認定資格の為多くの種類や名称があります。

 

その中の一つである日本伴侶動物協会認定初級シッタ−についてここではみていきましょう。

 

どうして初級?

日本伴侶動物協会では、数多くの資格制度を設けており、シッターに関しては「シッター初級」と「認定シッター」の2つの資格があります。

 

シッター初級とは、協会所定の初級シッター講座を修了することで取得が可能です。

 

取得にあたっては、ペットビジネス学院PALの所定の講座を修了することで、日本伴侶動物協会主宰の認定試験の受験資格を得ることができます。

 

ペットビジネス学院PALのシッター講座受講にあたっては、

 

・受講費用:386000円 (税抜)
・受講期間:全56単位取得修了まで
・受講場所:東京都渋谷区代々木5-57-8 小田急線参宮橋駅から徒歩5分

 

講座修了後に同協会が年3回実施する認定試験の受験をし、筆記試験と実技試験の両方での合格が資格取得の要件として必要となります。

 

認定資格取得には、日本伴侶動物協会への入会が必要となります。

 

・入会金:10000円
・年会費:12000円
・初級受験料:12000円

 

スキルアップを目指そう

ペットシッターとして仕事をするなかで、飼い主からのしつけに関する相談、トリミングの依頼、ペットの健康管理や食事に関する相談などは必然的に生じるものです。

 

このような時に、プロとしていかに適切なアドバイスができるどうかも、今後継続的に依頼を受けるうえで重要となってくるのです。

 

自分はペットシッターだからと、自ら仕事を限定してしまうのではなく、依頼されたペットに関する様々な相談やお悩みをトータルでサポートできるような存在でいられるように常にスキルアップを考えておきましょう。

 

資格取得においても、初級シッター取得後には、積極的に認定シッターや他の資格の取得も目指してみてもいいでしょう。