ペットシッター

MENU

どんな人がペットシッターに向いているの?

ペットシッターとしての資質

ペットシッターになりたい!と思う人はたくさんいるようです。ペットが大好きな人、面倒を見ることが大好きな人、動物の管理に長けている人、などがペットシッターとして活躍できる最低限の資質と言えるでしょう。

 

飼い主さんから預かるペットの中には、爬虫類がいたり、大型犬がいたり、全く言うことを聞かない子がいたり、と中々思うようにはいかない時があることは常識です。

 

そのような時に、ペットシッターの仲間や、飼い主たちとよく話し合い、ペットをメインにしてのお世話を心掛けることがペットシッターとしてのプロであり、このような人が優先して仕事を依頼されるものでしょう。

 

時には様々な問題も生じて来るかもしれません。ペットとの相性も非常に重要になってくるので、猫アレルギーなどのために、猫のお世話には全く向いていない人、犬の方が異様にペットシッターを嫌がる人などは、事前によくペットたちと触れ合ったり、自分はペットシッターとして活動することができるのかどうかよく事前にペットショップなどを訪問して尋ねてみてはどうでしょう?

 

動物病院の先生たちも親切に教えてくれることと思います。ペットシッターをする上に於いては、ペットや動物が大好きという条件は当然一番重要と言えるでしょう。そうでないと、本当に動物のお世話、糞尿などの掃除ができないからです。排便、お散歩なども毎日のことなので、非常に大変です。

 

糞尿のお世話も、資格の取得を考えてみる前に実際に手掛けてみた方が良さそうです。一番簡単そうに見えるペットシッターですが、人間の子どもと同様でそのお世話も大変手間が掛かると分かっていた方が良いでしょう。

 

犬の大好きなお散歩の時に、ハンドルが外れて犬が逃げてしまったなどと言うことはよくあることです。日頃から気配りをして気にしている神経も欲しいものです。ペットシッターとしてさらに技能を高めることができるように、様々な研修などにも参加してみることも良いでしょう。

 

ペットシッターの仕事は、飼い主さんとの信頼関係が第一となります。お互いに不信感、不安感、を持っていては一流のペットシッターとは呼べません。そのためには、飼い主さんからの信用を得られるように、十分にペットについて話し合うことが必要になると思います。