ペットシッターになるには 高卒

MENU

高卒でペットシッターになるには?

高校を卒業後の進路として、ペットシッターを目指す場合、卒業までにしておくべき事がいくつかあります。

 

卒業と同時に、社会人として、ペットシッターとしてスタートをできるように、しっかりと計画を立てておきましょう。

 

資格取得を済ませておこう

まだまだ若く、社会人としての経験もない以上、最初にしなくてはいけないことは、ペットシッターの資格取得です。

 

卒業後、ペットシッター関連サービスの会社や店舗へ就職を希望する場合には、通信講座による資格取得でも十分でしょう。

 

就職活動のスタートと同時に、履歴書に記載できるように、受講期間を逆算し取り組みましょう。

 

また、就職後にすぐに独立開業を目指したい場合には、「実技講習」の設けられている資格講座の受講がおすすめです。

 

実技講習は夏休みや春休みなどの長期休暇を上手に活用し、こなしてゆきましょう。

 

実践で役立つ即戦力を身に着けておくことが、独立開業の成功へのカギとなることでしょう。

 

就職活動は早期スタートで

ペットシッターとして就職を希望する場合、なかなかの狭き門であることは覚悟が必要です。

 

多くのペットシッターは、個人で独立開業している場合が多く、スタッフを雇用するほどの事業規模がないからです。

 

ですから、自身の目標が定まったら、早期から就職活動をはじめ、卒業前であってもアルバイトやインターンとして継続的な接点を維持しておく必要があります。

 

また、ペットシッターとして就職をし、独り暮らしをと考えて場合もあるでしょう。

 

ですが、見習い期間中は、非常に給与条件も厳しいものです。

 

一人暮らしを目指すのであれば、独立開業後と考え、まずは、プロと呼ばれるレベルまでのスキルアップを優先と考えましょう。

 

社会人経験者からの転職の場合

高校卒業後に、一旦は就職をしたものの、ペットシッターに転職を希望する場合にも同様に、資格取得が必須と言えます。

 

特段、有利となる資格はありませんが、即戦力として活躍できるように、「実技講習」のある資格講座の受講がよいでしょう。

 

国家試験ではありませんので、自分のタイミングで新たなスタートがいつでも可能です。

 

あきらめずに、自分のタイミングを探してみましょう。