ペットシッター 重要性

MENU

ペットシッターの重要性とは?

ペットシッターという新しい職業

世の中の社会の変化に伴って人々のペットに対しての意識も様々に変化してきました。小型の小動物から非常に大きな大型犬や爬虫類までもが今や人間のペットとして仲間入りをしている時代です。

 

その様な社会の変遷から生まれて来たこのペットシッターという職業は、時代のニーズにあった新しい職業と言えるかもしれません。飼い主さんから大事な可愛いペットたちを一時的に預かり飼い主さんの替わりにペットたちの日常のお世話をする職業の人たちをペットシッターを呼ぶのですが、ペットシッターの仕事は飼い主さんからのペットを一時的に預かるという仕事だけではありません。

 

ペットホテルや動物病院、このような所に一時的に預けられているペットたちのお世話、散歩や餌をあげたりというような仕事をも任せられているペットの管理のプロの人たちをペットシッターと呼ぶのです。

 

飼い主さんからの依頼

飼い主さんから日常的なお世話の依頼は、簡単なものではありません。一日の食事の回数、お水替え、排泄物の管理に散歩中にアクシデントも起きかねません。

 

それなのでペットシッターは全員ペットシッター保険制度であるペットシッター補償にも加入しており、万全の状態で大切なペットのお世話をしています。さらには飼い主さんのおうちに直接お伺いして、飼い主さんのおうちの鍵を使用するというとても信用関係が大切な職業となっています。

 

ですから、ペットシッターが訪問する際には飼い主さんからの鍵をお預かりする「鍵預かり証」及び返却の際には「鍵返却証」の交付は他にペットシッター免許証や住民票等の身分証をコピーしてお渡しすることを契約しています。

 

飼い主さんに代わって大事なペットの世話を行うのがペットシッターです。飼い主さんが旅行中や出張、病気等で具合が悪い時などペットのお世話が出来ない時に、飼い主さんに代わっていつもと変わりなく、決まった時間の散歩や餌やり、掃除なども行わなければなりません。

 

ペットホテルなどと異なってペットたちがいつもの住み慣れた環境で過ごせるのでペットシッターの需要な年々高まっています。