ペットシッター 年収

MENU

ペットシッターの年収はどれくらい?

ペットの世話をするスペシャリストともいえる職業に、ペットシッターという資格があります。

 

ペットシッターは、主に留守中のご家庭にいるペットの世話を代行するのが職務になりますが、ペットシッターになるための免許などは必要はありません。

 

誰でもなることができる資格であるのがペットシッターの特長でありますが、ではペットシッターは社会的に地位のある職業なのでしょうか?

 

そこで今回は、年収という側面から、ペットシッターの地位について解説していきたいと思います。

 

ペットシッターの年収は?

ペットシッターには免許制度が用意されていないと説明しましたが、環境省が定める動物取扱業の要件を満たす必要があります。

 

今日から私はペットシッターになる!と宣言すればなることができない資格で、実際にはどこかの会社に所属して派遣されるというのが一般的な流れです。

 

では、会社から派遣される場合の年収はどのようなものかというと、アルバイトと同じように時給の出来高で計算されるケースが多く、900円〜というのが相場です。

 

年収という面で見れば、如何に仕事を途切らせる事無く続けるかが重要になりますが、切れ目なく仕事を続けていけば、年収的には200万円は軽く突破できます。

 

個人的には、かなりの高報酬な仕事である印象を受けています。

 

色々な働き方がある!

先に紹介した派遣される場合の働き方もありますし、個人でペットシッターを請け負って実施するケースも有るでしょうし、他に仕事を持ちつつ週末だけ副業感覚でペットシッターを務める事もできます。

 

そうなると年収という考え方が少し代わるのですが、個人でペットシッター事業をする場合、中間マージンはなくなるので確実に高報酬を得ることができます。

 

但し、その分だけ営業努力が必要ですし、何か合った場合の責任はすべて自分で負わなけれねばならない点には注意すべきですね。

 

また、夏休みや盆暮れ正月のように、長期に休みが入る場合はペットシッターとして稼ぎ時になります。

 

その分だけ、報酬を上げるのが一般的になるので、年収面でも増加が期待できます。