愛玩動物飼養管理士

MENU

愛玩動物飼養管理士とは?

ペットに携わる仕事は数多くあるものの、単にペットが好きというだけでは、お客様の大切なペットを預かり、信頼を得るのは難しいでしょう。

 

ペットに関する正しい知識をもち、扱い方も十分に理解しているということを証明する為の手段の1つが「愛玩動物飼養管理士」という資格です。

 

愛玩動物飼養管理士

公益社団法人日本愛玩動物協会が認定する資格の名称です。

 

「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づき、愛玩動物(ペット)の愛護及び適正飼養管理の普及啓発活動などを行うために必要な知識・技能を身に着けることを目標としています。

 

資格取得にあたっては、通信講座の受講、添削課題の提出、講習会の参加を経て試験に合格することが条件となります。

 

通信講座受講にかかる費用は、以下になります。

 

2級

¥30,000(内訳:受講料 ¥25,000 受験料¥5,000)

 

1級

¥32,000(内訳:受講料 ¥27,000 受験料¥5,000)

 

また、指定校認定されている高校や専門学校等の教育機関での学習も可能です。

 

所定のカリキュラム修了後に、全国一斉に実施される認定試験の受験が必要です。

 

試験は、年2回開催されるので、必ず実施日を事前に確認しておきましょう。

 

資格取得認定のかかる費用は、2級で5,000円、1級で20,000円になります。

 

どのように役立つのか?

通信講座に、資格認定費用にと、相当な費用が掛かる以上は、取得後どのような場面で、資格を生かすことが出来るのかがとても気になることでしょう。

 

この資格を取得する一番のメリットは、「動物取扱業」開業許可取得にあたっての必須条件として認められていることです。

 

ペットを扱う仕事は、まだまだ玉石混交で、様々な問題を抱えています。

 

そのような状況を改善するためにも、法律でペットを扱う仕事を許可制に定めているのです。

 

たとえ、個人で自宅開業であっても、ペットシッターとして開業をするにあたっては、「動物取扱業」の取得が義務づけられています。

 

「愛玩動物飼養管理士」資格を取得していれば、実務経験がまだなくとも、「動物取扱業」の開業許可を取得することが出来るので、スムーズに開業ができるうえに、サービス利用者にも、堂々と保有資格としてお伝えすることが可能です。