ペットシッター 適正

MENU

ペットシッターの仕事|適正はある?

最近では、ペットと住めるマンションが増えてきていて、ペットを買う家族が増えてきているのをご存知でしょうか?

 

大家族の場合ですと、いつでも誰かがペットの世話をするということが出来ますが、例えば独身の一人暮らしの方がペットを飼う場合、留守中の世話が最大のネックになります。

 

そんな時に重宝するのが、ペットシッターです。

 

ペットシッターとは、家族にかわってペットのエサやりやトイレの対応を行ってくれます。

 

ベビーシッターのペットバージョンと考えれば理解しやすいでしょうか。

 

そんなペットシッターは、どのような方に適性がある仕事なのでしょうか?

 

今回は、ペットシッターになるための適性について紹介してまいります。

 

ペット好きで知識があること!

ペットシッターはペットを取り扱う職業ですので、ペット好きでないと務まらない職業です。

 

しかも、他人のペットを預かうことになるので、余計にペットに対する愛情がないと出来ませんよね。

 

また、ペットに関する知識がないと太刀打ち出来ないことも多々あります。

 

例えば、急にペットが不審な動きを見せたとすると、その時に何が想定されるかの知識がないと、あたふたしてしまうだけです。

 

その点は、ペットシッターに関する資格制度もあるので、初心者でもある程度の勉強を積めばクリアできる問題です。

 

コミュニケーションを取るのが得意であること!

ペットシッターはペットだけに対応していれば良い職業ではありません。

 

飼い主との良好な関係を築けないと務まりません。

 

飼い主の方は、ペットシッターに対して家や部屋の鍵を渡すことになります。

 

信頼出来ない方には、鍵も渡したくないというのが本音ですが、この人なら鍵を渡しても安心!という感覚を持って貰う必要があります。

 

その意味でも、飼い主との密なコミュニケーションを取ることが重要になります。

 

これは信頼感を得るだけでなく、ペットの状態を逐一伝えるという観点からも重要になります。