ペットシッター 資格 通信

MENU

ペットシッターの資格|通信教育ではどんなことを学ぶ?

ペットを飼う家庭が増えている中、ペットシッターの持つ社会的役割に注目が集まっています。

 

そんなペットシッターの資格を、通信教育で取得しようと思う方もおられるでしょう。

 

ペットシッターの通信教育ではどんなことを学ぶのでしょうか?

 

通信教育で資格を取得するなら

ただ単にペットのお世話をするだけが、ペットシッターの仕事ではありません。ペットシッターの仕事は、命を預かる大切な仕事です。

 

そのため、ペットシッターを養成する通信教育では、様々なことを学ぶことになります。

 

例えば、ペットシッターに預けられる動物たちの心理や行動を学ぶカリキュラムがありますが、これは、ペットたちの行動を観察することによって彼らの気持ちを理解し、ペットシッターとして、よりよい世話ができるようになるためのものとなります。

 

また、ケアの仕方や衛生管理の方法だけではなく、怪我の処置方法と病気の予防や病気の早期発見を目的とした、動物医療全般についてのカリキュラムも通信教育で学ぶことができるでしょう。

 

実際的な内容のカリキュラムで現場の即戦力に

ペットシッターを養成する通信教育では、他にもペットシッターに預けられるペットの主なものである、犬のハンドリング方法を学ぶことができます。

 

犬と言っても、大小様々な種類がありますが、それぞれの犬種に合ったハンドリングの仕方を身に付ける必要があるでしょう。

 

そして、ペット問題に関する法律を学ぶカリキュラムや、ペットシッターの経営知識を学ぶことができるカリキュラムがある場合もあります。

 

これらは、ペットシッターの資格を目指す方の中でも、独立開業を目指す方にとっては、是非とも知っておきたい分野の知識だと言えるでしょう。

 

また、通信教育のカリキュラムによっては、ペットシッターが実際にどのように実務をこなしていくのか、顧客管理法や契約書の作成法まで学ぶことができるものもあります。

 

ペットのしつけやケア方法を学べるだけでなく、上記の様な経営方法も学べるカリキュラム内容であれば、ペットシッターとして独立開業するときにも役立つ知識を身に付けることができるでしょう。