ペットシッター 資格 種類

MENU

ペットシッターの資格の種類はどれくらいある?

現代のペット

現代社会に於いて、実に様々なペット化現象が見られるようになってきました。どこでも手軽にペットを購入することが出来る時代だからかもしれません。人々の趣味嗜好が一人ひとり異なるように、ペットへの好みもまた人々それぞれ様々です。

 

亀を飼っている人、ウサギを飼っている人、メダカを飼育を趣味にしている人など、実に多くの人たちに様々なペットたちが可愛がられて家族と一緒に生活しています。

 

そのようなペットへの様々なお世話を引き受けているのが、ペットシッターたちです。

 

ペットシッターの資格の分類

動物・ペット・を預かる職業のペットシッターですが、「動物愛護及び管理に関わる法律」によって動物取扱責任者として動物を保管する、預かる、技術、知識の取得が必要と定められており、そのためにペットシッターの業務をとり行う場合には必要な技術を証明するための資格を取得することが定められています。

 

それら一連の資格としては、愛玩動物飼育管理士、家庭動物販売士、(GCTCood Citizen Test) JAHA認定インストラクター、公認訓練士、現在ペットシッターとして法律で定められている資格はこの五つが主になります。

 

さらには環境省から認可されている認定ペットシッター士の資格もあります。多くの種類のペットシッターとしての資格があるので、自分に合った資格を吟味して受講するようにしましょう。

 

ペットシッターになるための資格では、一般のスクールのペットシッタースクールを受講して取得出来る認定ペットシッター士の資格だけでも十分にペットシッター士の資格だけでも十分にペットシッターとしての活動は可能です。

 

認定ペットシッター士取得のための講座テキストは、ベテラン講師陣の現役ペットシッター士から獣医師、ドッグトレーナー、動物行動ライター、マナー講師、弁護士、税理士、など多様な方面からの講師の解説です。

 

ペットシッターの講座は、ペットシッターとしての仕事上のノウハウだけで無く、様々な役立つ知識、技能と思われます。関心があったらぜひ一度ペットシッタースクールも覗いてみましょう。