ペットシッター 資格

MENU

ペットシッターの資格とは?

いざというときに頼りになるのがペットシッターという職業です。

 

例えば、急遽入院することになり家を空けなければならなくなった場合、困るのが飼っているペットの世話です。

 

預ける友人もいないしどうしよう・・・という時に活躍するのが、ペットシッターです。

 

留守中の自宅に出向いてくれて、その中で餌やりやふん便の処理などをしてくれるんです。

 

そんな便利なペットシッターですが、誰でもできる職業なのでしょうか?それとも資格などが必要な職業なのでしょうか?

 

今回は、ペットシッターの資格について紹介します。

 

ペットシッターに関する資格がある?

まずは、ペットシッターに関する死角が存在するかどうかについて紹介します。

 

ペットシッターの資格は世の中に存在していて、日本ペットシッター協会が制定している資格ペットシッター士がメジャーです。

 

これは、環境省が定める動物取扱業の中で保管と訓練の登録申請要件をクリアした資格になります。

 

資格自体は、通信講座で学習して認定試験を受講すれば取得できます。

 

取得が容易な資格でありますが、実はこの資格を持っていれば、自分でペットシッターを開業することも可能になります。

 

もちろん、それなりに勝算がないと厳しい業界であるのですが、成功している方も多いのも実情です。

 

その他にも、多くの会社で様々な資格が存在しているのが、ペットシッターなんです。

 

資格はどの程度役立つ?

ペットシッターの資格を持っていると、どの程度役に立つ物なのでしょうか?

 

まずは、ペットシッターとして働くことができるというのが最も分かりやすい役立て方法ですが、その他にもペットシッター士の場合はペットシッター士総合補償制度に加入できるのも魅力的です。

 

これも、社会的に地位がある資格であるからこそなし得るものですよね。

 

また、ペットシッター自体が信用で行う仕事になるので、資格を持っているという時点で信頼感を持ってもらえるというのも利点ですね。