ペットシッター 資格 必要

MENU

ペットシッターの資格は本当に必要?

ペットを取り扱う仕事の中でも、非常に人気の高いペットシッターという仕事があります。

 

ご家族に変わって、留守時のペットの世話を代行するのがペットシッターとしての職務になるのですが、実際にご自宅に出向いて留守宅で世話をすることになります。

 

一歩間違えば非常に怖い仕事ではあるのですが、そこは依頼主との信頼関係で成り立つ仕事でもあります。

 

そんなペットシッターの仕事ですが、資格制度が用意されているのをご存知でしょうか?

 

認定ペットシッター士という資格があるのですが、この資格はどのような意味合いを持つ資格なのでしょうか?

 

最も気になる点として、認定ペットシッター士の資格がないとペットシッターとして仕事できないのでしょうか?

 

今回は、ペットシッターの資格について徹底解説します。

 

認定ペットシッター士の資格は必須?

まずは、認定ペットシッター士の資格について解説します。

 

この資格は、ペットシッターの事業を行うために必要な、環境省が定める動物取扱業の要件である保管と訓練を満たす資格として知られています。

 

資格自体を取得できれば、ペットシッター業務を行う事業を自分の手で開業できることになります。

 

これは凄い資格ですよね!

 

ただ、これはあくまで自分で開業するケースであります。

 

例えば、ペットシッターの業務を行っている会社に所属して、ペットシッターとして活動する場合には資格は必要なのでしょうか?

 

働くだけなら資格は不要!

ペットシッターの仕事をするだけであれば、実は先に紹介した認定ペットシッター士などの資格を所有している必要はありません。

 

その会社が環境省が定める要件をクリアしていれば、今日からでもペットシッターとしてデビューすることができます。

 

但し、動物取扱業の要件の範囲内の仕事をすることはできません。

 

例えば、訓練という要件を満たしていない場合はしつけを行うことはできません。

 

雇用先がどのような認定を受けているかは、しっかりとチェックする必要がありますね。