ペットビジネス学院PAL 認定シッター養成講座

MENU

ペットビジネス学院PAL|初級・認定シッター養成講座の特徴&評判

ペットシッターの資格は、実際には沢山の種類が存在します。

 

今回は、その中の一つであるペットビジネス学院PALが認定している、ペットシッター資格取得講座についてご紹介したいと思います。

 

ペットビジネス学院PALの初級シッター養成講座

ペットビジネス学院では、ペットシッターの資格をレベルに合わせて取得することが可能です。

 

通学タイプの講座では、少人数クラスだからこそ対応できる、きめ細かい指導を期待することができるでしょう。

 

こちらの初級シッター養成講座においては、ペットシッターになるための心構えから、犬や猫の生態学の基礎を学ぶことができます。

 

加えて、ペットビジネスの基礎として、ペットビジネス概論やビジネスマナーなども学ぶことができるため、独立開業も視野に入れたカリキュラムを受講できると言えるでしょう。

 

こちらの講座は2ヶ月の学習期間となっており、主に実習をメインにペットシッターについて学びたいという方におすすめの講座となっています。

 

ペットビジネス学院PALの認定シッター養成講座

短期間で取得が可能な初級シッター養成講座とは違い、認定シッター講座は独立開業を目指す方に向けた講座内容となっています。

 

こちらの講座を受講して取得できるペットシッターの資格は、一般社団法人日本伴侶動物協会認定の資格となっており、ペット業界に携わるためには是非とも取得しておきたい資格の一つであると言えます。

 

認定シッター養成講座では、ペットのお世話をするために必要になるスキルを習得すると共に、個人マネージメントやマーケティング法を学んだり、ペットと法律に関する知識を学ぶことができます。

 

平均的な学習期間は6ヶ月ですが、初級のペットシッター養成講座よりも、さらに実践的な知識とスキルを確実に身に付けることができると評判です。

 

ペット業界の多くの施設と提携関係にあるため、就職サポートや独立開業までのサポートをきっちり受けられる体制が整っています。