ペットシッター 仕事

MENU

ペットシッターの仕事内容はどんなこと?

ペットシッターという職業

ペットシッターの仕事の内容は多岐に渡ります。ペットシッターとして開業する場合には、動物取扱業として、動物取扱責任者の登録が必要となります。

 

ベビーシッター同様に、大切な家族の一員であるペットをお預かりするのでペットのお世話管理のしつけなどのプロの資格は不可欠になります。このペットシッターの資格を所持することはペット業界の就職には非常に有利になるでしょう。

 

ペットシッターの仕事について

ペットシッターの仕事の内容としては、ペットを飼っている人の自宅に直接的に訪問して、飼い主さんに代わってペットの日常のお世話、餌やり、水の交換、トイレの掃除、散歩、遊戯で遊ぶなどペットの日常の生活環境を変えることなく、ペットのお世話を代行するお世話の仕事の一つそれがペットシッターです。

 

飼い主さんが留守の時に鍵を預かり家の中に入りペットのお世話をするので、飼い主さんさんからの信頼関係は必要不可欠です。

 

留守中にペットに事故でも起きたら大変です。そのような大変に責任のある仕事となっています。飼い主さんが留守中の時だけでなく、飼い主さんの病気、飼い主さんの高齢化、ペットの介護が必要などという場合にもペットシッターのサービスを利用する人たちもたくさんいます。

 

ペットシッター業は、主にアルバイト、パート、ペットシッターの派遣サービスに登録をして副業としてフリーランスとして独立したりペットシッターFC加盟店でお店を開業などという働き方があります。ペットショップやペットサロン、ペットホテル、しつけ教育などや動物病院、動物保護施設等で雇用が求められています。

 

ペットと触れ合う仕事として、活躍出来る魅力的な仕事と言えるペットシッターです。仕事を退職せずに副業や兼業として活動する場合などにも向いている職業と言えるかもしれません。

 

将来的に仕事へのスキルアップ自己研さんとしてこのペットシッターの資格を所持しておいても良いようです。新たな仕事への開業など新しい職業への展望が開けてくるかもしれません。