公認訓練士 警察犬協会

MENU

公認訓練士とは? -警察犬協会認定

犬の訓練士といえば、「警察犬訓練士」を思い浮かべる方も多いでしょう。

 

警察犬訓練ともなれば、しつけの世界の最高峰ともいえるハイレベルなスキルを必要とします。

 

この警察犬訓練には、公益社団法人 警察犬協会の認定する「公認訓練士」制度があります。

 

公認訓練士資格を取得するには?

まずは、見習訓練士として警察犬協会の公認訓練士が運営する訓練所に入所し、犬の食事、運動、犬舎の掃除その他を担当しながら、実践を通じてトレーニングの基本を学びます。

 

入所後は、原則住み込みで生活をしてゆきます。

 

専門学校とは違い、実際に訓練を仕事としている環境で、見習いとして学ぶのです。

 

受験にあたっては、訓練所からの推薦はもちろんのこと、18歳以上であることも要件とされています。

 

一定のスキルを身に着けた後に、三等訓練士試験を受験し、合格することで、三等訓練士としての認定を受けることができます。

 

ペットシッターとして開業するにあたって

ペットシッターとして開業するにあたり、警察犬の育成ほどのハイレベルなスキルが必要なのだろうかと思うことでしょう。

 

ペットシッターの仕事は、主に家庭で飼われているペットを対象としたサービスですが、依頼者である飼い主の一番の心配事は、「ペットシッター」自身のスキルです。

 

犬が好きであることは当然ですが、もし犬がお世話の最中に抵抗したり、暴れてしまったら、冷静に対処ができるのだろうか?事故が起こる可能性はないのだろうか?と。

 

また依頼者の中には、大型犬やシェパードなどの特殊な犬種を飼っている人ももちろんいるのです。

 

どのような犬種であっても、安心して任せることが出来るということは、飼い主にとってとても重要です。

 

ハイレベルなスキルを持っていること、またそのスキルを証明する術があるということは、依頼者からの信頼につながり、自身の仕事の幅も限りなく広がることでしょう。

 

取得は大変困難で、忍耐力の必要となる厳しいものですが、ペットシッターとしての自分自身をアピールする上で、周りとの差別化につながる非常に優位なポイントとなることに間違いはないでしょう。