ペットシッター スケジュール

MENU

ペットシッターの一日のスケジュールは?

ペットシッターとしての一日

ペットシッターとしての仕事は、いい加減な気持では務まりません。毎日同じ時刻にペットへのエサやり、トイレのお掃除、交替、犬の場合には、お散歩など犬を中心にして時間が廻る生活となるでしょう。飼い主さんからの依頼、指示通りにペットのお世話シッティングを実行することがとても重要になります。

 

朝起きてから飼い主さん宅へとお伺いする時から既にもうペットシッターとしての活動は始まっているのです。それをよく自覚をしてふさわしいペットシッターとして活躍して下さい。

 

ペットシッターとしての具体的な一日の流れをさっと追って見てみると、事前に飼い主さんから依頼をされたり、シッター内容をきちんと確認することを忘れないようにしましょう。

 

仕事の内容をきちんと把握した後は、飼い主宅に電話で確認をした方が良いでしょう。シッター内容、この時にきちんと確認しましょう。シッター当日まで用意するものがある場合は、きちんと用意しておきましょう。(雑巾や軍手など)

 

飼い主さんが自宅にいる場合には、ざっと本日の予定を確認しましょう。ペットとのスキンシップは忘れないようにしましょう。玄関先にお伺いした時からもう既にペットシッターとしての時間です。

 

最善の注意を支払ってペットシッターとしての時間を開始しましょう。ペットと最初に触れ合った後には、飼い主さんからの要望通りのスケジュールを実施しましょう。トイレはペットによって異なるので事前によく飼い主さんから話しを聞いておく様にしましょう。

 

まずは、お散歩に行くと仮定しましょう。首輪を装着してお散歩に行く準備をしましょう。お散歩の時には、オーナーの家の玄関のカギを閉め忘れない様に、注意しましょう。お散歩のコースも指示通りに実行しましょう。時には犬が車などにびっくりして騒ぎ出すこともあるので、散歩の途中にも本人の転倒などにも気を付けましょう。

 

エサは決められた時間に決められた量を与えましょう。これでシッター終了の場合もあります。散歩中のペットの様子の報告などがある場合には、きちんと記載をして飼い主さんに報告するようにしましょう。その様な場合でも一軒一軒、飼い主さんに対して最善の注意力を忘れないようにしましょう。