ペットシッター 資格 合格率

MENU

ペットシッターの資格|試験の合格率はどれくらい?

ペットシッターの資格を取得したいと考えていても、資格ですので誰でも簡単に取れるものではありません。

 

試験制度を採用しているものが殆どで、試験に合格しないとペットシッターの資格を取得できません。

 

実は、ペットシッターに関する資格は数多く存在していて、レベルもピンからキリにあるものなのです。

 

一概に、ペットシッター資格の難易度をものさしで測ることができないのですが、今回は認定ペットシッター士という資格に絞ってその難易度や合格率について紹介したいと思います。

 

認定ペットシッター士の資格取得方法は?

まずは、認定ペットシッター士の資格の取得方法について、紹介してまいります。

 

資格取得に向けて、まずは通信講座や通学講座を受けてペットシッターに関する知識を習得します。

 

内容的には特に難しいことはなく、テキストなどを用いて知識を得ることが可能です。

 

費用的には、通信講座で50000円ちょっとで約6ヶ月の学習を積むことになります。

 

その後、認定試験を受けることになるのですが、まずは添削問題を提出する必要があります。

 

添削問題は、受講開始後1ヶ月を超えないと提出できませんので、どんなに早く学習を終えても提出できません。

 

次に、試験会場で行われる認定試験を受験することになります。

 

試験自体は、全国各地で行われています。

 

ただ、どの会場でも概ね年2回しか開催がありませんので、チャンスはいつでもあるわけではありません。

 

認定ペットシッター士の合格率は?

ではここからが本題で、認定ペットシッター士の合格率はどの程度か紹介します。

 

通信講座から認定試験を受講した場合、合格率はなんと90%を超えています!

 

これには、試験をうける前に添削問題があり、そこである程度ふるいにかけられるという点も見逃せませんが、それにしても高い合格率ですよね。

 

これでいて、環境省の定める動物取扱業の一部要件を満たすのですから、ものすごく優位な資格になりますね。