ペットシッター 能力

MENU

ペットシッターに求められる能力とは?

ペットシッターとしての役割

ペットシッターとは飼い主に代わって、ペットたちのお世話をする専門家の資格です。ペットを連れて一緒に旅行に行けない時、家を一時的に空けなければいけない時、忙しい用事がありペットの散歩に連れて行けない時などペットシッターを利用する機械は様々です。

 

ペットシッターに向いている性格の人ですが、ペットが大好きという気持ちはもちろん一番大切なことですが、他にも面倒味が良い、犬でも子どもでもお世話をするのが好きなど、その様な人たちには最適の職業と言える様です。

 

中には、動物看護士の資格やトリマー、動物介護士の資格なども既に所持しているが、さらに職業上のキャリアアップを目指して、ペットシッターの資格を受講する人も非常に多いようです。

 

このように動物たちに関する資格をいくつも所持していることは非常にペット業界への就職には非常に有利と言えるでしょう。多くの資格所持者はペット管理者のプロとしては非常に理想的ですが、

 

ペットシッターの資格だけも十分にペットの管理のプロとして活動は十分であるように思われます。ペットシッターになるためには、公的な資格ではないのですが、民間の資格である動物取扱業である認定ペットシッター士の資格を所持しているということがとても重要になります。

 

お客様であるペット飼い主さんの大切なペットを預かる仕事です。そのためには専門的な知識を学ぶことによって、より専門的な活動範囲を広げることができるでしょう。

 

散歩中の事故や、他のペットとのトラブル、そのような時に遭遇してしまった時のノウハウ、法律などの知識もペットシッターには不可欠となります。そのために民間のスクールでのペットシッターに関しての専門的な学習が必要となります。

 

ペットシッターに求められる資質としては、動物が好きで責任感の強い人が向いていると言えるでしょう。動物が好きということに加えて、動物の飼育や行動心理、医学の知識など、動物の種類ごとに把握できるように心掛けましょう。

 

飼い主さんとのコミュニケーションを取る能力もペットシッター士には必要です。飼い主さんから信用される様に、ペットシッターとして日々ステップアップを怠らないようにしましょう。