ペットシッター 役割

MENU

ペットシッターの役割はどんなこと?

大切な家族の一員と同じペットのお世話をするのが、このペットシッターの仕事です。

 

飼い主さんが病気でペットのお世話が出来ない時、外出している時、旅行などの時、大切なペットを一人で家の中においておくことなどは、とても心配なものです。一人で寂しがって、鳴いていたり、排泄などがあっては困ります。

 

ですから、飼い主さんはこのペットの管理のプロであるペットシッターに飼い主さんの留守中のペットのお世話をお願いしてペットに安心感を与えてあげたいのです。そのためにはペットシッターも質の高い人材が求められます。

 

飼い主さんのお宅にお伺いして鍵を預かるという大変重要な仕事なのでペットシッターの身元保証も非常に大切なことです。ですから、所定の資格を所持しているこの動物取扱管理業「保管」「訓練」の登録申請可能なこのペットシッターに依頼するのが賢明のようです。

 

ペットの健康管理もさることながら、ペットの行動様式やメンタル面などもきちんと学んでいる認定ペットシッターの資格を所持している人にペットシッターを依頼することは当然のことと言えるでしょう。

 

ペットシッターの仕事は単純に餌を与えて、水を取り替えるだけで良いというものではありません。ペットたちの体調管理にも気を配りながら、ペットのメンタル面にも配慮しながら飼い主さんとペットとの楽しい時を過ごせるように様々なペットの飼育の技能を学んでいる人たちがペットシッターなのです。

 

ペットシッターのペットへの仕事は実に様々です。ペットによっては抜け毛がひどかったり、餌の食べ方が乱暴で床を汚してしまったり、水をこぼしてしまったりと様々です。このような状況での家でのお掃除などもペットシッターの仕事となります。

 

飼い主さんの大切なペットに万一怪我などがあったら大変です。ですから、これら一連のペットシッターたちは、ペットシッター総合補償制度に加入しており、万が一の事故の時などにも備えています。