ペットシッター 資格 独学

MENU

ペットシッターの資格は独学で取得できる?

ペットシッターという仕事上の役割

ペットシッターの仕事の主な活動の一つには、飼い主たちのペットを預かってお世話をすることが挙げられます。ペットブームが続く中、様々なペットシッターの仕事が見られるようになりました。飼い主たちのおうちにお伺いをしてペットのお世話をする、それがペットシッターの仕事です。

 

ペットホテルなどに就職をしてペットホテルで活躍をしているペットシッターもたちも見掛けますが、ペットのお世話をすると言う点に於いては、何ら変わるところがありません。ペットを飼い主さん宅で預かっている場合には、ペットがストレスを感じないように、飼い主さん宅の自宅をベースにペットのお世話をします。

 

ペットシッターがほぼ専属でペットの面倒を見るという非常に信頼感と安心感が必要とされる仕事なので、資格として登録されている身元のしっかりとしている人たちに仕事の依頼をすることは常識と言えるでしょう。

 

そのためにはペットシッター士として公に証明することができる認定ペットシッター士の資格を取得することがまず第一の課題と言えるでしょう。

 

独学でのペットシッター講座の履修

ペットシッターの資格はスクールに通って取得することが出来ますが、そうでは無く、独学で勉強をして受験することも可能です。16歳以上であれば誰でも受験することが出来るので、関心のある人はぜひ受験をしてみると良いでしょう。

 

このペットシッターの資格である認定ペットシッター検定試験ですが、毎年2回6月と12月に実施されており、合格すれば認定ペットシッター資格が交付され、協会会員として登録されます。

 

受験料は10,500円、登録料も10,500円で5年間有効です。ビジネス教育連盟であるペットシッタースクールのペットシッター養成校の本科を終了している場合には、受験料が免除されることになっています。

 

ペットシッター士の資格はペットシッターとして活動を始めるにあたっては、必須とも言える資格です。ご自身の職業上のスキルアップの一つとしてぜひこのペットシッターの資格取得をも考えてみたらどうでしょうか?