ペットシッター 資格 おすすめ

MENU

ペットシッターの資格の中でおすすめはどれ?

ペットシッターの資格って?

ペットシッターになりたい!と希望する人たちはとても多いようです。将来どのような形でペットシッターとして活動したいのかにもよりますが、ほとんどの人は動物取扱業として開業することの出来る資格の取得を目指した方が賢明と思われます。

 

ペットシッターとして開業する際には、ペットシッター士としての資格である動物取扱業の「保管」と「訓練」の登録が必要とされ、認定資格に合格した人だけが、認定ペットシッター士として行政に届出をして、個人事業主としてのペットシッター士として活動することが出来ます。

 

この動物取扱業として活動することが出来きます。この動物取扱業として届出ることが出来る資格は、数多くあるのですが、その中でも比較的長い時間を掛けること無く、すぐに資格を取得することが出来る認定ペットシッター士の資格を目指す人が多いのは、当然のようです。

 

ペットシッターとしての資格を取得した後は、どのようなペットシッターとして活動したいのかをもきちんと明確にして一流のペットシッターとして活躍出来るようになりましょう。

 

どんな人に向いているの?

ペットシッターという仕事は、実際に犬や猫などを飼っている人に向いている仕事と言えるでしょう。そうでないとペットのお世話をすることに対して全く気が廻らないかもしれないからです。ペットシッターという仕事をする上に於いては、ペットを飼っているということは最低条件になるかもしれません。

 

犬を飼っているペットシッターさんと飼っていないペットシッターさんがいたとしたら、普通はペットを飼っているペットシッターさんに預けるものだからです。ペットを飼っており、いつもペットのお世話をしているシッターさんにならば、常に安心してペットを預けて任せることが出来るからです。

 

ペットシッター士としての信頼感、信用感は、このお互いにペットを飼っていると言う共通項から成り立つものであるように思えます。ペットシッターを目指そうと思っている人たちの中にはペットを飼っていない人も多いと思います。

 

何もペットを飼っていない動物好きの人にはトリマーや家族動物販売士など他の資格の方が向いているかもしれません。様々な人とよく相談をしてから資格の取得を目指しましょう。