ペットシッターになるには

MENU

ペットシッターになるには?

ペットは家族同然というのは、周知の事実ですよね。

 

我が家にも2匹の猫がいるのですが、元気がないと気になりますし、なるべくそばに居てあげたくなる存在であります。

 

そんなペットですが、出張や旅行等に出かける際には、一時的ではあれ離ればなれにならざるを得なくなります。

 

そんな際に、家でお留守番させるにしても、エサやりをしないといけません。

 

そんな際に重宝するのが、ペットシッターです。

 

ペットシッターは、ご家族に変わってペットの世話を代行する職業の事を言います。

 

基本は世話のみであるのですが、認証を受ければしつけも実施できるようになるのが、ペットシッターの醍醐味でもあります。

 

では、そんなペットシッターになるためには、何を準備して何をしなければならないのでしょうか?

 

今回は、ペットシッターの秘密について迫っていきます。

 

ペットシッターになるための条件は?

ペットシッターになるための条件は、実はありません。

 

単にペットシッターとして仕事するだけであれば、特別な資格などは必要とされません。

 

自分で今日からペットシッターになる!と宣言すれば、実は今日からでも実施することができます。

 

但し、自分でペットシッターとして開業する場合は、認定ペットシッター士という資格が必要になります。

 

このペットシッター士の資格は、環境省が動物取扱業登録制度というものを制定していて、その中の要件をクリアしていないと開業できません。

 

認定ペットシッター士は、ペットシッターとして必要な、環境省の動物取扱業の保管と訓練の資格を一度にクリアできる資格になります。

 

認定ペットシッター士の取得方法は?

自分で開業する際に必要な認定ペットシッター士の取得方法は、通学講座や通信講座などを受講して、その後に行われる認定試験に合格すれば取得できます。

 

講座においては、ペットの基礎知識やペットシッターとしての心得などが学べます。

 

試験があるのですが、決して難しいものではなく、合格率の推移を見ていても殆どの方が合格している資格になります。

 

この認定ペットシッター士の認定を受けることが出来れば、あとは自分の努力次第で好きな時間にペットシッターとして活躍することができます!